このページではJavaScriptを使用しています。

iPassⅡGOLD SLOT

生体親和性の高い・人に優しい製品を先生(I=アイ)から患者さんにつないで(Pass=パス)ください

メディカルグレード・ポリウレタン製
審美性と耐久性・耐着色性を飛躍的に高めました。
原材料にビスフェノールAを使用していません
安心して治療いただける材料で開発されました。
メカニカルロックベース(ダブテイル/PAT)を採用
矯正用ボンディング材の種類を選びません。
スロットは金属で強化したタイプもございます
金属スロットは金合金を採用。
カタログを見る(PDF)

WIOSEⅡ

  • 形状と色調

    薄い半透明色の色調は、様々な歯牙の色調にマッチします。
    また患者様の違和感を軽減するための丸みを持たせたデザイン、カリエスリスクを低減するために、小ぶりな寸法・設計になっております。ボンディングをより容易にするために、十文字にマーキングを入れました。

  • スロット開口部

    スロット開口部(近遠心)3方向の角を面取りして、丸みを与えています。
    これにより、ワイヤーとスロット開口部(角/エッジ)の摩擦が低減され、歯牙の動きを良くさせます。

  • スロット底面

    上のグラフはスロット・摩擦抵抗の値です。
    ■黄色=セラミックのスロット
    ■灰色=インサートしたメタルスロット
    ■青色=ワイオスⅡのスロット

    ワイオスⅡのスロットは表面性状を滑沢に仕上げ、摩擦抵抗が少なくなっております。

カタログを見る(PDF)

EXPANSION SCREWS

使用上の注意
スクリューは固定する部分と動かす部分があります。ねじ山が露出した部分やガイドピンはプレートの中で動かす部分ですので、薄くワセリンを塗布していただくことをお勧めいたします。
また、これらの動かす部位に、サンドブラスト処理やメタルブライマーなどは塗布しないでください。
ハウジング部は、逆にプレートに固定する部分となります。

制作手順

  • Placing the expansion screw
  • Sealing the model
  • Application of liquid
  • Placing the expansion screw
  • Saw cut for expansion screw

図A   クラスプ、唇側線、スクリュー(ファンタイプはヒンジを含む)を模型にワックスなどで仮止めします。
図B  重合あとのレジンが濁らないように分離剤を塗ります。
図C・D ふりかけ法でレジンを盛ります。
図E  レジンが重合したら、レジンを拡大方向に対して垂直に切ります。この後プラスチックタグを取り除き、最後にレジンの余分なところをトリミングし、コンパウンドなどで磨いて仕上げます。

※品番600-400 スケルトンチタン  制作写真のスクリューは600-301と同型のチタン製スクリューを使用。

カタログを見る(PDF)

NITI WIRES

NiTi Wires

表面が滑沢で、矯正力の柔らかいニッケルチタンアーチワイヤー。オフセットベンド等の付形性があり、さらに破折も少なくなっています。

写真は、一般的なニッケルチタンワイヤー(写真・上)と、弊社のニッケルチタンワイヤー「ナイテニアム」(写真・下)です。表面の仕上がりと、金属の色調を、比べてご覧ください。ナイテニアムはご使用の先生方に好評です。

カタログを見る(PDF)

CNA TM WIRES

CNA TM Wires

従来のベータチタンワイヤーを米国コネチカット大学矯正学教授Dr.Ravindra Nandaが改良したのがCNAです。 ステンレススチールや、コバルトクロムよりもローフォースのワイヤー。 ニッケルに敏感な患者さんにも使用可能。従来のβⅢチタンワイヤーに比べ表面処理のグレードが大幅にアップ。またベンディング時の破折も非常に少なくなりました。

カタログを見る(PDF)

製品に関するお問い合わせ・資料請求はこちら

メールでのお問い合わせ・資料請求
tel:03-5652-3322